WATV.org is provided in English. Would you like to change to English?

​2022 過越祭のためのメシアオーケストラ演奏会

大切な人に贈る大切なプレゼント

大韓民国

2022年 3月 27日 188 照会

長かった冬の後に訪れた春を知らせる蕾(つぼみ)のように、長期間続いたパンデミックによって身も心も疲弊した世界中の人々の胸に、癒しと希望のプレゼントを伝えるための特別な行事が開催された。過越祭大聖会を半月後に控えた3月27日、沃川(オクチョン)Go&Come研修院で “2022過越祭のためのメシアオーケストラ演奏会”が開かれた。

非対面・生中継という形で行われた演奏会は、中継車を通じてテレビ会議プログラムを利用し、64ヵ国に配信された。神様の教会の外国語通訳者たちにより、英語・スペイン語・ドイツ語・フランス語・ハンガリー語・中国語・ヒンディー語・ベトナム語・テルグ語など28ヶ国の言語で進行され、あらゆる国の参加者たちが無理なく鑑賞できるようにした。

午前11時と午後5時(韓国時間基準)の二回にわたって開かれた行事には、韓国を含めアメリカ・イギリス・オーストラリア・日本・シンガポールなどで、聖徒と家族・親戚など9000余りのアカウントが接続して声援を送った。

演奏会のテーマは「大切なあなたに贈るプレゼント」。このイベントの趣旨は、約三年間も続く新型コロナ禍によって多くの人が精神的疲労や孤立感を感じている今、万国共通語である音楽で彼らの心を癒し、過越祭に込められた神様の愛と祝福、そして希望を伝えようというものだ。過越祭は、旧約時代にイスラエルの民が神様の助けによって災いを免れ、エジプトの奴隷生活から解放されたという歓びの日である。新約時代にいたっては、救い主であられるイエス・キリストが御自身の肉と血を象徴するパンとぶどう酒で、人類に罪の赦しと永遠の命の祝福を約束された神様の祭りである。聖暦1月14日夕方、太陽暦では3~4月頃に該当するが、今年は4月15日の夕方となっている。

春の花々で華やかに彩られた舞台に司会者が登場し、神様の教会の聖徒たちで構成された80人組交響楽団メシアオーケストラが姿を現した。舞台のスクリーンを埋め尽くした数百の画面越しに出席者たちが拍手を送った。

演奏会は過越祭に込められている神様の権威と祝福、春が持つ生命力、明日への希望を歌う曲で構成された。メシアオーケストラの「春の声」ワルツ(ヨハン・シュトラウス2世)演奏に続き、混声7人組重唱団が映画アニメーション「プリンス・オブ・エジプト」のOST「When you believe」を歌い、過越祭を守ることで奴隷生活から解放されたイスラエルの民の胸いっぱいの感動を表現した。新しい歌「葦の海を渡れ」は、エジプト軍に追われるイスラエルの民を救うために葦の海を真っ二つに分けられた神様の権能がドラマチックに盛り込まれている。男性4人組の重唱団は、人類を救うために十字架の犠牲で新しい契約を立てられたキリストの愛を、新しい歌「犠牲で立てられた新しい契約’」、そして神様の慈悲と恵みを賛える「Amazing Grace」の切ない歌詞とメロディで伝えた。

メシアオーケストラはエドワード・エルガーの「威風堂々行進曲」、ヨハン・シュトラウス1世の「ラデツキー行進曲」でオンライン観客に元気を与えながら演奏会の最後を飾った。参加者たちはラデツキー行進曲の軽快なリズムに合わせて手を叩きながら一緒に呼吸を合わせた。各国の参加者が言語と文化を超越してお互いを応援し合う姿がLAN配線で画面に映し出された。

聖徒たちは家族、友人、同僚と演奏会を鑑賞しながら特別な思い出を作った。濱口颯太(東京)兄弟は「外を出歩くのもためらわれる今日この頃ですが、母に少しでも解放感を感じてもらいたくて招待しました。有名な曲がたくさん出てきて、一緒に昔の思い出にひたりながらとても癒されました」と語った。ペ・ジヒョン(韓国光州)姉妹は「招待した知人が『大切な人と一緒に鑑賞する演奏会』と言うのを聞いて、私のことを大切な人と思ってくれているんだな、と嬉しくなりました」と語った。ラブン・ハルン(パキスタン・カラチ)兄弟は「パキスタンではオーケストラ演奏会に接する機会が多くありません。オンラインで雄大な演奏会をリアルタイムで鑑賞し、つらい時期ではあるが友達と一緒に素敵な時間を過ごせて幸せでした」と感想を述べた。

久々に開催された演奏会に、団員たちの心構えも格別だった。チェロを演奏したユン・ヘジョン(韓国城南)姉妹は「防疫規則の遵守のために練習が容易ではなかったが、参加者の皆さんが癒されてくれたらという思いで、メンバーと一緒に細かい動き、そして呼吸も合わせながら努力しました」と言い、過越祭に込められた神様の愛が感動の旋律に乗って世界中に伝わってほしいと願った。

演奏会の感動は、オンライン空間で今も続いている。中継映像は神様の教会公式ユーチューブ・チャンネルで英語・スペイン語・ドイツ語・日本語・ベトナム語・タイ語など、17ヶ国語の字幕で視聴できる。