神様の教会 大学生奉仕団
アセズ(ASEZ)

ASEZは「Save the Earth from A to Z(始めから終わりまで地球を救おう)」という意味が込められています。
父なる神様と母なる神様の愛で、困っている地球村の隣人を助け、希望を伝えようと
全世界の大学生を中心に組織された神様の教会の大学生奉仕団です。

母の愛、
その温もりを世界に伝えます

家族の痛みを癒してあげ、疲れた心に勇気を与える母の愛で、災害や病気など様々な困難に苦しむ地球村の隣人に、温かい愛を分かち合います。さらに、疲れを知らない青年たちの情熱と覇気で世界各地の汚染された環境を浄化して、絶望に陥った人々に喜びと希望を伝えています。

全世界SAVE運動

命を大切にし、隣人と社会の幸福、地球環境の改善を通して
危機に瀕している地球を救うため、SAVE運動を展開しています。

Social Service 社会福祉活動

Awareness Raising 意識向上活動

Victim Relief 緊急救護活動

Environmental Protection 環境保護活動

社会福祉活動

社会的弱者への支援、障害者保護施設・老人ホーム・孤児院などの福祉施設慰問

意識向上活動

各種キャンペーン及び教育、フォーラム開催

緊急救護活動

地震、台風、寒波などの災害による被害の復旧及び救護活動、「母の学校」プロジェクト

環境保護活動

グリーンキャンパス浄化活動、「マザーズ・ストリート」プロジェクト、山・海・河川・都心の浄化

Sustainable Development Goals

SDGs持続可能な発展目標

国連の持続可能発展目標(UNSDGs)の究極的な目的は、人類の平和と幸福です。
アセズは、国際機関、各国の政府、機関、各界各層の市民社会と協力しながらUNSDGs達成をサポートします。

神様の教会 社会人青年奉仕団
アセズ・ワオ(ASEZ WAO)

全世界の神様の教会に所属する社会人青年たちが、情熱と喜びの心で隣人と社会に目を配り、環境保護のために組織された国際奉仕団体です。

ASEZWAOは「Save the Earth from AtoZ(始めから終わりまで地球を救おう)」と「We Are One Family(私たちは一つの家族)」の略で、「私たちが一つの家族になって、始めから終わりまで世界を救おう」という意味が込められています。

世界経済の中核であり、未来世代の主役である社会人青年として、自分の職場を始めとして明るくポジティブな環境を作り、全世界が共同で取り組んでいくべき問題にも、主人意識を持って積極的に参加します。気候変動と環境汚染、性の不平等と人権問題、経済・教育機会の不均衡、戦争とテロなどで絶望と悲しみの中で苦しむ地球村の隣人に希望を伝えるために様々な努力を傾け、これを通して誰も疎外されず、皆が幸せな世界を実現していくことに力を尽くしています。

実践理念

ASEZ WAOは

「隣人を自分のように愛しなさい」と言われた父なる神様と母なる神様の教え通りに、全人類に「与える愛」を伝えます。

ASEZ WAOは

「70億人類は一つである」という認識を持ち、地球村の隣人が直面している数多くの問題を解決していくため、分かち合いの意味を心に刻み、真心こめたボランティア活動を続けていきます。

ASEZ WAOは

肯定、希望、幸せなど人生の究極の価値をより多くの人々と共有するために、配慮し、仕え、犠牲の心を忘れません。

ASEZWAO主な活動

環境保護活動

グリーンワークプレイス運動、世界社会人青年クリーンデー活動、地域浄化活動、環境保護キャンペーン

緊急救護活動

自然災害、大事故などの災害被害復旧及び被災民支援、献血リレー展開

社会福祉活動

高齢者・児童・障害者福祉施設慰問、社会的弱者サポート

文化交流活動

全世界社会人青年「一つになる日」の活動は、国際大会サポーターズ、国際文化交流