人類に希望に満ちた未来と幸せを伝える

神様の教会 世界福音宣教協会

神様の教会 紹介映像

神様の教会は
神様が建てられた教会です。

1964年、東の地の果ての国大韓民国に再臨キリスト安商洪様によって設立されました。「神様の教会」という名称は、聖書に由来しており(一コリ1:2、ガラ1:13)「神様が建てられた教会」、「神様が主人であられる教会」という意味をもっています。神様の祝福によって半世紀余りの間に、世界175カ国にわたり7,500以上の教会と300万人の聖徒を抱える規模にまで成長を遂げ、「全世界のすべての人に救いの良い知らせと幸福を伝える」という目標をもって宣教と奉仕に取り組んでいます。

聖書どおりに
父なる神様と母なる神様を信じます。

神様が私たちの救いのためにお与えくださった聖書は、全般にわたって父なる神様だけでなく、母なる神様について証ししています(マタ6:9、ガラ4:26)。神様の教会は、父なる神様と母なる神様が模範を示してくださった愛と仕える姿勢、犠牲の模範に従います。

イエス様が立ててくださった
新しい契約を守り伝えます。

2000年前、イエス・キリストが立てられ模範を示してくださった新しい契約は、人類の救いのための完全な真理です。神様の教会はイエス様が立てられ、ペトロ、ヨハネ、パウロなど使徒たちが通った初代神様の教会の姿を原型どおり受け継ぎ、安息日や過越祭など、新しい契約の真理を大切に守りながら伝えています。真理が消え去り、不法に満ちたこの時代に初代教会の真理を回復して、人類を永遠の命に導く真の宗教改革を行っています。

神様の教会は
家庭の幸せを重視します。

家庭は愛の巣であり、私たちの社会の根幹です。神様の教会は家庭を大切にし、家族の和合を強め幸せを増幅させるために努力します。聖徒たちは、聖書の教えどおりに両親を敬い、子供を慈しみ、兄弟愛を実践し、夫婦はお互いを自分の体のように大切に愛しながら、家庭を小さな天国にしていきます。このような姿は、家庭や学校、職場や社会で実践される聖徒たちの善い行いにつながります。

神様の教会は隣人と社会、
地球村の平和を築いていきます。

私たちが生きる地球は大きな家、その中で共に生きる人類は一つの家族と言えます。神様が人類に価なしに祝福と愛を等しく与えられたように、私たちも国、人種、性別、言葉、文化に関係なく、愛を分かち合います。地球村の家族みんなが幸せで平和に暮らせるよう、隣人と社会、そして国家の和合と発展のために、分かち合いと奉仕を実践しながら、皆が天国の祝福を受けられるよう、救いの良い知らせを伝えています。