WATV.org is provided in English. Would you like to change to English?

2021年 6月 6日

社会人青年奉仕団ASEZ WAO、2021上半期ボランティア活動実施

地球と隣人を大切にする心で、12カ国でキャンペーン展開

345 照会

神様の教会 社会人青年奉仕団アセズワオ(ASEZ WAO)が昨年に引き続き、今年も定期ボランティア活動を行った。病み続ける地球環境を浄化し、新型コロナによって索漠とした社会で隣人愛を実践するボランティア活動リレーに、6月の1ヵ月間、12ヵ国から延べ5000人余りが参加した。一部の地域では、前回の活動をきっかけに今後の協力を約束した機関とタイアップし、環境保護と地域発展のために力を注いだ。

ゴミの島はもうつくらない!No More GPGP

コロナ時代、使い捨て用品の使用が急増し、これに伴う環境問題も深刻化している。アセズワオは、プラスチック削減キャンペーン「No More GPGP」を通して、無分別に捨てられたプラスチックゴミを拾い、プラスチックの使用を減らそうという意識改善活動を進めてきた。今回の定期ボランティア期間では、韓国・アメリカ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・日本などで河川・街・公園・海岸・住宅街・駅周辺から、プラスチックゴミをはじめとするゴミ約14トンを回収した。アセズワオ会員だけでなく、地域住民と自治体の担当者まで約3700人がキャンペーンに参加した。

ユ・ヒジン姉妹(ソウル)は「小さな行動を起こすことで環境保護に役立つことができ、休日を有意義に過ごせて良かったです。街の浄化も重要だが、ゴミの発生を抑えるためにも私自身がプラスチックの使用を減らそうと思います」と感想を述べた。会員たちと一緒にボランティア活動に参加した天安(チョナン)市議会関係者は「新型コロナのために、誰もがつらい思いをし消極的になりがちなこの時期に、市民と地球のためを思う青年たちの美しい心が感動的ですね」と、アセズワオの活動がこれからも周辺の人々や環境に良い影響を与えていってほしいと述べた。

​母の森を作ります。Mother”s Forest

プラスチックゴミの減少に努めるアセズワオのメンバーたちはは,温室効果ガス削減を目的として、一人当たり一本の木を植えようという「Mother”s Forest」キャンペーンを通して緑地地帯を増やそうという志を同じくした。

これに先立ち2020年12月、ニュージーランド・オークランド地域のアセズワオは、市役所側と緑地管理と植樹に関する協約(MOU)を締結した。そこで6月6日、約60人の会員がウィリストリーム保護区域に国産の木1000株を植えることで約束の履行を果たした。同じ月の20日には、フィリピンのラグーナ州会員がカラウアン郡庁所属の公用地に果樹60本を植え、24日にはペルーのカハマルカ会員24人が、42人の市民とサン・マルティン大通りに樹木15本を植え、周辺を緑色で満たした。メキシコのティファナでは27日、会員40人あまりがモレロス公園に樹木50本を植え、今年に入って4回目の植樹活動を行った。

​心をつなぐ。Heart to Heart

新型コロナ禍が長期化する中、ワクチン接種が始まったことにより、医療陣と関係者たちがさらに多忙を極めている。パンデミック以後、持続的に「Heart to Heart」キャンペーンを通して医療陣と関係者を応援してきたアセズワオは、今年6月にもその歩みを止めることはなかった。韓国を含むタイ・フィリピン・南アフリカ共和国のアセズワオ会員は、6月一ヵ月の間、病院・保健所・ワクチン接種センター・官公庁など、新型コロナウィルス対応機関92カ所に応援キットと手紙を送った。

パク・イェビン姉妹(テジョン)は「以前は、コロナで一変した自分自身の日常生活に適応するのも大変でしたが、今回のキャンペーンを通じて防疫の最前線で孤軍奮闘している方々の苦労を肌で感じました」と医療陣に感謝の意を表した。ソウル慶熙(キョンヒ)医療院のソン・ヨンギュ総務チーム長は「以前、アセズワオから贈り物をいただき、医療陣がとても感動を受け一層熱心に働いてくれました。今回の応援も医療陣にとって大きな力になってくれることでしょう」と述べた。

ASEZ WAO主要プロジェクト

No More GPGP– ゴミの島はもうつくらない!

「GPGP(Great Pacific Garbage Patch)」は1兆8千億個と推定されるプラスチックの破片が積まれた太平洋海域の巨大プラスチック地帯である。アセズワオは、陸上に捨てられたプラスチック8万トンを回収し、これ以上プラスチックゴミの島を発生させないようにしようというメッセージを、街の浄化・広報キャンペーン・署名運動などを通じて国際社会に伝えている。

Mother’s Forest– 母の森

​温室効果ガス削減と気候変動対応のための植樹運動。「一人一人の小さな行動が積もり積もって世界を変える」というスローガンをもとに「一人一株植樹」運動を行う。オンライン署名運動とともに、全世界で植樹活動を行っている。

Heart to Heart– 心をつなぐ

新型コロナウィルスの防疫に取り組む医療陣・関係者たちに応援の手紙とお菓子などのギフトを贈るキャンペーン。