WATV.org is provided in English. Would you like to change to English?

父を救った二人の兄弟

78 照会

2017年、60代の韓国人男性が医者から肝臓ガンが再発したとの診断を受けました。唯一残された希望は、肝移植手術だけでした。

普段から仲の良かった彼の二人の息子は、父親の手術問題で意見が衝突し始めました。それぞれ、自分の肝臓を父に移植したいと主張したからです。兄は「手術で仕事を休んで、業務に穴を開けてはまずいんじゃないか」と弟を止め、弟は「子どもが二人もいる兄さんに、大変な手術をさせるわけにはいかない」と、それぞれの説得にかかりました。

合意点を見出せなかった二人の兄弟は、誰の肝臓を提供するのが良いのか、検査を受けてから医者の決定に従うことにしました。ところが、結果は意外でした。二人とも肝臓のサイズが小さくて、どちらか一人の提供だけでは足りないということなのです。父親に肝臓を提供しようとすれば、二人とも肝臓を取り出さなければなりませんでした。

仲の良い二人の兄弟は、手術台にも横に並んで上りました。22時間にわたって長男と次男の肝臓を一緒に移植してもらった父親は、手術が終わるやいなやペンと紙を探しました。そして「愛してるよ」と書きました。自分の体を犠牲にすることを惜しまない親孝行で、父を救った二人の息子に向けて、この世で一番幸せな父親が送ったぶっきらぼうで優しい愛の告白でした。