WATV.org is provided in English. Would you like to change to English?

過越祭と神様の刻印

845 照会

今日地球のあちこちでは幾多の災い等(国家間の戦争と民族紛争、テロ、飢饉、地震そして異常気候現象による殺人的寒波と酷暑、洪水等)が起こっていて、このような災いが起こる度に人々は落ち着くことができず不安に震えています。聖書は今後臨むべき災いとその災いの時、人々が取る行動に対してずっと前からすでに預言しています。

たとえ、彼らが陰府に潜り込んでも/わたしは、そこからこの手で引き出す。たとえ天に上っても…カルメルの頂に身を隠しても…わたしの目を逃れて、海の底に隠れても…アモ 9:2-9

預言の御言葉を調べてみれば人間はどこかに必死に隠れようとします。人間としてはとても堪えられぬ大いなる災いがこの地に臨むからです。

このような事柄は記録当時である2800年前アモス預言者時代に起る事柄でなくエホバの大いなる恐るべき日、すなわち神様の最後の裁きの時に起るべき災いに対する警告の御言葉です。

人間の手段で避けられない最後の災い

先端科学時代に生きている現代人は、差し迫った災いと人類の終末を恐れて逃れる方法等を多角的に摸索しています。地球を数十回も破壊することのできる核兵器の脅威から脱出するために、地下や海底、あるいは地球外の星に逃れ得るかを推し量って逃れ場を探すためにあらゆる方法を尽くしています。深い海の底に逃れるための原子力潜水艦、地球の外に逃げるための宇宙船等、多くの方法等が議論されている実状から、米国はウェダ山の地下にホワイトハウスを造り、またあちこち97個所にもなる地下都市を造って有事に備えているという報道がされたこともあります。

しかし、このような科学的方法や人間の手段では神様の激しい怒りから逃れることができないと聖書に書かれています。また最後の災いはある限った地域にのみ臨むのでなく、全世界に臨むと記録してあります。

その日は、地の表のあらゆる所に住む人々すべてに襲いかかるからである。ルカ 21:35

地は全く裸にされ、強奪に遭う…世界のただ中、諸民族の間で/オリ-ブを探して打ち尽くすようなことが/収穫の後になお/ぶどうを探すようなことが起こる…イザ 24:3-13

だとすれば全地球上に、世界の諸民族に臨むその災いは、どんな方法で人類に臨むのか。聖書を通じて調べてみましょう。

しかし、現在の天と地とは、火で滅ぼされるために、同じ御言葉によって取っておかれ、不信心な者たちが裁かれて滅ぼされる日まで、そのままにしておかれるのです…主の日は盜人のようにやって来ます。その日、天は激しい音をたてながら消えうせ、自然界の諸要素は熱に熔け尽くし、地とそこで造り出されたものは暴かれてしまいます。二ペテ 3:7-10

神様が裁きの道具として火を納めていると仰せになりましたから、全地球上に臨むべき災いはまさに火です。その日が臨むようになると天は燃え溶けてすべてのものは熱い火の中で激しく燃え、完全に消滅し、勇敢なる勇士すらも恐れおののき、嘆き悲しむ極めて苦しい日になるでしょう。

しかし、いくら恐れおののく状況の中でも、神様は災いから逃れられる救いの道を備えて置かれ、知らせて下さいます。科学者が作って開発した先端の科学裝備でなく、唯一聖書を通じてのみ救いの福音を賜り、逃れられる方法を詳しく教えて下さるのです。

神様の約束が込められた災いを免れる過越祭

それでは、災いを免れるようにして下さるという神様の約束はどこにあるのか、私たちは目と耳、心の門を開いて神様の御言葉を調べてみましょう。

…これが主の過越である。その夜、わたしはエジプトの国を巡り、人であれ、家畜であれ、エジプトの国のすべての初子を撃つ…わたしがエジプトの国を撃つとき、滅ぼす者の災いはあなたたちに及ばない…出 12:11-14

出エジプト当時、初子を滅ぼす災いがエジプトの地に下される時、過越祭を守り行ったイスラエルの家庭には、死の天使が何の災いも下さずにその家を過ぎ越しました。ですから過越祭は過ぎるの(過)、越すの(越)、の字を書いて「災いが過ぎ越す」という意味をもっています。また英語では「Passover」、ギリシア語では「パスカ」、ヘブライ語では「ペサフ」と表現します。

このように、過越祭で災いを越した歴史は、世の終わりに直面している私たちの戒めとして聖書に記録されています。過越祭の御力が信じられず、背信の行動を取った北方のイスラエルの歴史と、過越祭を大切に考え守った南方のユダの王ヒゼキヤの歴史は、一層、私たちに過越祭の重要さを悟らせてくれています。

ユダの王ヒゼキヤは、神殿修理の時見つけた、契約の書を読んで、神様の契約を悟り、長い間守ったことが過越祭を守るために、「過越祭を守りにエルサレムに上って来なさい」との知らせを伝える急使をすべてのユダとイスラエル全国に遣わしたのです。その時急使を嘲り蔑んだ北方のイスラエルは数年後、アッシリアの侵攻に滅亡されてしまったが(王下18:9-12)、過越祭を神聖に守り行ったユダは、強大なるアッシリアの侵略を神様の権能で退け、健在だった歴史が記録されています(代下30:1-27、王下18:13-19:37)。

この終わりの時代にも、思いもよらぬほど酷い災いを受ける群衆もいれば、神様の助けで災いを免れる民もいることを聖書は証ししています。

この後、わたしは大地の四隅に四人の天使が立っているのを見た。彼らは、大地の四隅から吹く風をしっかり押さえて…生ける神の刻印を持って、太陽の出る方角から上って来るのを見た…刻印を押してしまうまでは、大地も海も木も損なってはならない…黙 7:1-4

最後の災いを免れる方法は神様の刻印にあずかる方法しかありません。ならば、神様の刻印は何でしょうか。過越祭の小羊の血が「神様の刻印」になって、最後の災いから神様の民が救われることを聖書は預言しています。

出エジプト当時イスラエルの民は一歳になった過越祭の小羊の血を入り口の二本の柱と鴨居に塗ることで、その血が目印となって、長子を滅ぼす恐ろしい災いから保護を受けることができたのです。旧約の過越祭の羊は、新約時代のイエス・キリストを表象しています。

…キリストが、わたしたちの過越の小羊として屠られたからです。だから、古いパン種や悪意と邪悪のパン種を用いないで、パン種の入っていない、純粹で真実のパンで過越祭を祝おうではありませんか…一コリ 5:7-8

ですから最後の災いから免れる唯一の方法は、過越祭の小羊になられたイエス・キリストの血の外にはありません。最後の時、大地と海(人)に害を加える力が許された天使たちが、最後の災いを下すために風(戦争)を放つようになったら、この地には思いもよらぬ災いが襲うようになります(黙7:1以下参照)。神様は、この最後の災いを越えさせるために神様の子の額に刻印を押します。結局「神様の刻印」は災いを免れるための救いの刻印です。

主は彼に言われた。「都の中、エルサレムの中を巡り、その中で行われているあらゆる忌まわしいことのゆえに、嘆き悲しんでいる者の額に印を付けよ。」…老人も若者も、おとめも子供も人妻も殺して、滅ぼし尽くさなければならない。しかし、あの印のある者に近づいてはならない。さあ、わたしの神殿から始めよ。」彼らは、神殿の前にいた長老たちから始めた。エゼ 9:4-6

神様は災いを下す天使たちにどんな人たちから滅ぼし尽くせよと命じられましたか。額に刻印のない者、すなわち過越祭の小羊の血、額に神様の刻印の押されていない偽教会の長老(指導者)から始めよと仰せになりました。

聖書の預言の御言葉を調べてみると、私たちが住んでいる、今この時代は最後の災いの時代です。ですから、神様は神様の子らに災いを免れる方法は、ひたすら「神様の刻印」の外にはないという事実を証しして下さっています。また最後の神様の刻印を押す御業も、太陽の出る所、すなわち東方から始まり、西方に伝えられるように預言されているという事実も証しして下さっています。

わたしはまた、もう一人の天使が生ける神の刻印を持って、太陽の出る方角から上って来る…黙 7:2

使徒ヨハネが黙示をいただいたパトモス島を基準にして見ると、神様の刻印を押す御業は太陽の出る所、東方から始まってこそ聖書の預言が成就されるのです。

神様の所有であるため刻印を押される

過越祭を守れば神様は私たちの内におられ、私たちが神様の内にいることを悟るようになります(ヨハ6:56、15:4-8)。神様の内にいる私たちは神様の所有なのです。

わたしたちとあなたがたとをキリストに固く結び付け…神はまた、わたしたちに証印を押して、保証としてわたしたちの心に「霊」を与えてくださいました。この部分を口語訳聖書には『神はまた、わたしたちに証印をおし、その保証として、わたしたちの心に御霊を賜わったのである。と言っています。二コリ 1:21-22

神様は私たちを「神様の所有」という概念で神様の刻印を押してくださったのです。だとすれば神様は御自分の所有にされた私たちにいかなる祝福を下さるのか聖書を通じて調べてみることにします。

ヤコブよ…恐れるな、わたしはあなたを贖う。あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ。水の中を通るときも、わたしはあなたと共にいる。大河の中を通っても、あなたは押し流されない。火の中を歩いても、焼かれず/炎はあなたに燃えつかない。イザ 43:1-3

神様は、過越祭の真理で私たちを御自分の所有にされて確認の刻印を押して下さいました。そしていかなる災いと滅亡が来たとしても安全に護って下さると堅く約束されました。またこの最後の災いの時代に生きている子たちに、さあ早く過越祭を守って最後の災いを免れよと呼びかけていらっしゃいます。

四方の風(戦争)を押さえている天使たちが、その手を放す前に、私たちは神様の刻印である新しい契約の過越祭を全世界に知らせ、救いの便りを伝える急使の使命を果たさなければなりません。

神様が私たちを特別に所有して下さることを感謝いたします。神様がこの時代に施される救いの御業に共に参加するシオンの兄弟姉妹になられるよう願います。