WATV.org is provided in English. Would you like to change to English?

後日返済した愛の負債

236 照会

第二次世界大戦の頃、母と二人きりで辛く苦しい避難生活をしている少女がいた。少女は深刻な栄養失調で死の危機にまで瀕したが、連合軍と救援団体が支援してくれた救援物資のおかげで生き延びることができた。

後日、世界的な映画女優になった彼女は、引退した後、救護の手が必要な世界各地を回ってボランティア活動に積極的に参加した。

「今度は、私が受けた愛の負債を返済する番です。」

天使と呼ばれたオードリー・ヘプバーンが残した言葉だ。