WATV.org is provided in English. Would you like to change to English?

​相づちで対話を生き生きと!

210 照会
FacebookTwitterEmailLineKakaoSMS

普段、家族と話をする時、どのように反応しますか?うわの空で聞いたり、忙しいという言い訳で会話を後回しにしていませんか?家族と向き合って話し合う時間は、お互いを理解し合う大切な時間です。これはすなわち、睦まじい家庭を築く礎でもあるのです。

会話する時に相手の言葉に相づちをすると、会話が一層楽しくなります。相づちは関心と尊重の表現なので、相手の気分を良くするからです。お互いに十分に共感していると思い、相手が本音を打ち明けたりもします。話し合いながら愛が湧き出るのはもちろんでしょう。

今月は家族の話に耳を傾けながら積極的に相づちを打ちましょう!

実践のためのヒント
相手が話す時に集中して聞く
相手の話に共感する(「うん」、「そうなんだ」、「そうそう」)
気になって質問する(「本当?」、「それで?」、「例えば?」)
感嘆を表現する(「うわ」、「すごい」、「アハ!」)
目線は話す人に合わせる
相づちと共にそれにふさわしい表情をする
親指を上げたり拍手をしたりなどのジェスチャーをする
相づちするが、相手の言葉を切ったり割り込んだりしない